会員ログイン

団体紹介

ご挨拶

愛知県産業資源循環協会青年部は昭和63年に、次世代を担う人材の育成及び同業者間の交流を図ることを目的とし発足しました。青年部は設立から30年以上が経過し、業界を取り巻く状況も30年で大きく変化しました。高度成長期の大量生産、大量消費の時代から、リデュース・リユースの考えがスタンダードとなりました。今では我々産業廃棄物業者が基幹産業を支える重要な担い手として世界的に認識されております。 愛知県産業資源循環協会青年部は、次世代を担う若手リーダーで構成し、人材育成、情報共有、会員同士のネットワーク形成を主目的として活動しております。毎年様々な委員会で勉強会、視察、交流事業などを開催し、様々な知見を深めています。青年部会は年間を通して多くの事業があり、企画設営の為に時間は取られますが、それ以上の素晴らしい出会いがあります。たくさんの素晴らしい皆様と一緒に、これからの時代を作っていきましょう。
第14代青年部会長 金田 琳

青年部の目的

我々青年部は、昭和63年(1988年)5月、愛知県産業廃棄物処理事業協同組合の青年部として設立されました。成立当初は、運営委員会、経営開発委員会、交流委員会、総務委員会の4委員会を基軸とし、各委員会主催による事業をそれぞれ運営してまいりました。他県の青年部との交流会も活発に行い、次世代経営者たちとのネットワークづくりにも積極的に取り組み、平成12年には全産連青年部協議会の設立に際し中心的役割を担いました。また平成15年には愛知・岐阜・三重・静岡の東海四県の青年部が一堂に会した中部ブロック協議会の設立にも強力なリーダーシップを発揮しました。 上部組織でもある一般社団法人愛知県産業資源循環協会の発展を次世代の人材が支えよう、との気概を持ち、日々青年部の事業に取り組んでおります。

設立目的

我々青年部は、次代を担う若きリーダーが中心となり企業の合理化、近代化及び高度化を推進するために会員の研修と相互の連帯を強めると共に、より良い経営者、指導者をつくることを目的としています。

加入資格

50歳以下の協会員及びその継承者、又は、会社の幹部で青年部の趣旨に賛同する者であり、役員会の承認を得て会員となります。

事業内容

  1. 協会事業活動への協力
  2. 二世経営者育成の為の講演会、勉強会の開催
  3. 会員相互の連携、親睦を深める為の交流会の開催
  4. 他協会青年部との情報交換
  5. ボランティア活動